土と炎の芸術家 サビアンシンボル乙女座1度 有名人リーディング

2017年7月13日

1・サビアンシンボル乙女座1度が太陽を持つ有名人

 

乙女座1度は男の頭。

Sabiansymbol virgo 01
Sabiansymbol virgo 01

まさに乙女座の権化のような陶芸家の河井寛次郎(1890/8/24)です。

華美な芸術ではなく、民芸運動(用の美)を推し進め、一時期からは作品にサインを入れなくなったとか・・まさに乙女座の「人に具体的に役立つ」を体現した人なのではないでしょうか?

詳しくみていってみましょう!

sabian symbol 10planets reading
Sabian symbols 10planets reading
9区画の惑星配置 生命の樹応用

 

 

2・サビアンシンボルの太陽土星冥王星を読む

 

Sabiansymbol gemini 08
Sabiansymbol gemini 08

真ん中1番上:冥王星 世代の究極的な価値観
双子座8度 ストライキ

双子は牡牛座のように引きついだものをもってないから自力で戦い下克上を目指したいわけです。それでこの度数も本来は資本家の下で働いている労働者が立ち上がって、賃上げ要求なのか、交渉しております。余談だけど今現在は「ブラック企業」という名前がまかり通るようになってそういう労働者の立場を守るっていうのはなんかレアになってきましたよね・・・。

まぁこの人の根底に経済社会に対する反抗心のようなものがあるのかもしれません。この人は新人でありながら、当時の高島屋で作陶展をしたぐらいの人なのに、その後、制作に悩んでしまい、結局「用の美」を追求しはじめたそうです。

 

sabiansymbol image virgo 07
sabiansymbol image virgo 07

真ん中 上から2番目 課題の土星
乙女座 ハーレム

ハーレムってなんだ?って話ですけれど、これは象徴的に考えないといけませんね。

日本語だと男性視点でのイメージ強い。だからハーレムって一夫多妻のイメージが強く、「好きな女の子イッパイ!!」みたいな歪んでしまったイメージがあるようですが

wikiだと

男子禁制を旨とするハレムの文化的背景には、イスラームイスラーム教)のうち保守的で厳格主義的な考え方を採る者によって強調されてきた「性的倫理の逸脱を未然に保護するためには男女は節理ある隔離を行わなければならない」との性倫理が存在すると言われる。

基本は、性的な乱れをなくすため・・ということだったのですね。

ハーレムは女性の視点から考えると、とても拘束された人間関係に放り込まれることになります。

この人は民芸運動に深く関わっていますが、この運動に関わるということは、芸術家としては矛盾した拘束の中で仕事をするということになります。

無名の職人の作品に美があるのだ!って言っている運動ですから、個人の(芸術家としての)名前を出してはいけないわけですよ。

1番上の冥王星とその下の土星が、ホロスコープだとタイトなスクエア(双子と乙女)になっています。絵も似ていますね・・・。

上は拘束された身分を超えて交渉している。下は拘束の中での関係性を作り出そうとしている。

その中で事実を探る太陽という流れなのでしょうか。

 

Sabiansymbol virgo 01
Sabiansymbol virgo 01

人生のテーマ 太陽 乙女座1度 男の頭

現実の形をシビアに見極める・・・繊細な視点で観察していく。この人は文章も素晴らしいです。

それで名言と言われている中に

「何もない、見ればある。ないものはない、見るだけしかない」というのがあるそうです。

この人はこの世に現実のモノをしっかり見極めるために降りてきた人なのだなと強く感じます。

真ん中下の月は出生時間がわからないので読みませんがサビアンでこういう地面の中の火がある人は、陶芸家(窯で火を使う)、もぐさや針(鋭く強いもの)を使う鍼灸関係の方などにちょくちょく見られます。

2・左側 水星火星天王星ラインを読む

 

sabiansymbol libra 24
sabiansymbol libra 24

1番上は革命の天王星:
天秤座24度。蝶の左側にある三番目の羽

蝶は人の魂のシンボルでもあります。3という数字は発展。左側は受動。対人関係などの関わりの中で受動的に魂から美しく変化する。理想の羽なのかもしれません。それはこの世にない美しい世界なのかもしれません。それは際立った特徴としてみんなに知れ渡るでしょう。

 

sabiansymbol image Sagittarius 13
sabiansymbol image Sagittarius 13

左真ん中火星:
射手座13度 明るみにでる未亡人の過去

この未亡人の今まで隠されていた秘密が明らかになっている。もしかしてこの人が秘密にしていた黒歴史がわかってしまうこともあるかもしれません。死後の旦那が「こんな人だったんだ!」ということがわかることかもしれません。でもその負の遺産を整理し今後の人生の軌道修正できることができます。

 

 

 

sabiansymbok image virgo26
sabiansymbok image virgo26

左下水星:
乙女座26度 香炉を持つ少年

純粋な奉仕がここにあります。まだ少年ですから良い大人を真似て自分も多くの人に役立てるように実地訓練しています。これは振香炉です。これキリスト教の儀式で浄化用に使われます。

左側ラインは絵のイメージだと内側にこもる感じがします。理想はある・・でそれは過去の歴史を紐解く中で見つかる・・・・弟子のように謙虚にそれに奉仕する・・・・。

 

 

 

3・右側 海王星・木星・金星ラインを読む

 

sabiansymbol image gemini 07
sabiansymbol image gemini 07

右側上:夢とビジョン海王星 双子座7度 時代遅れの井戸

人のために昔はかつて役だったもの。それが今でも残されている。井戸から水という生命のための道具を無名の誰かが作ったのだ・・・・ということに憧れを持つということだと思います。古きに思いをはせる。

 

 

Sabiansymbol Aquarius5
Sabiansymbol Aquarius5

右真ん中:拡大発展 
水瓶座5度 先祖の委員会

これも先祖という古さがテーマ。ご先祖や宇宙の力、ガイドなど見えない世界のエネルギーの加護をうけやすいとか、ある種の意識グループの代表となり、そのグループが脈々とつなげてきて仕事を今生でやることになる。

この二つは共通して「先人たちが作り上げた古い大系」を相手にしていくんだと思います。河井寛次郎の最初の陶芸スタイルは、朝鮮や中国の無名の昔の陶工たちのものを参考にしていました。

 

 

sabiansymbol libra15
sabiansymbol libra15

右下:美の価値観 金星 
天秤座15度 環状の道

惑星の軌道のように、日々規則正しいことを愛する姿勢。突然の危機があっても平常心に戻ることができる・・・。「暮らしが仕事、仕事が暮らし」という言葉を残しているぐらいですから、日々淡々と創作活動をしていた様子が感じられますね。

 

4・ホロスコープも合わせて考えてみる

 

陶芸家なんだけど土は乙女座に3つ。牡牛座とかもあるのかなーと思ったんですがこのあたりは用の美を追求した姿勢にありそうです。(ちなみに私が昔働いていた西洋アンティックショップオーナーも乙女座強い人で「暮らしの中に使えるアンティックを」をコンセプトにやってました。)

そしてホロスコープで見ると、双子座の海王星冥王星今ジャンクションと、射手座の火星(月)のオポジションがあります。太陽土星乙女座ゆるいコンジャンクション。

sabiansymbol image gemini 07
sabiansymbol image gemini 07
Sabiansymbol gemini 08
Sabiansymbol gemini 08
sabiansymbol image Sagittarius 13
sabiansymbol image Sagittarius 13
sabiansymbol image virgo 07
sabiansymbol image virgo 07
Sabiansymbol virgo 01
Sabiansymbol virgo 01

海王星は井戸、冥王星はストライキ。火星は未亡人。この3つに乙女座土星ハーレム・太陽の男がTスクエアです。射手座双子の知的興味を、乙女座の形にしていく流れのフォーマット。

無名の誰かの作った日常に役立つこと(古い井戸)・古い技術に光をあてる(未亡人)・その時代の芸術に関する戦い(ストライキ)・作品と自分との関係を様々に探る(ハーレム)そして鋭い観察力と造形力で形にする(男の頭)。

 

この人の中で、遠い昔に、無名の誰かが作った役立つものを、もう1度この世に出して光を当てたい!という願いが強烈にあったのではないでしょうか。