《解説》サビアンシンボル牡羊座11度

2018年6月28日

1.サビアンシンボル牡羊座11度

 

ARIES11:
The president of the country.
国の支配者

sabian symbols aries11
sabian symbols aries11

これは明治天皇がモデルにさせていただきました。牡羊座なので強烈なリーダーシップと戦う国王という感じがしたのです。リーダーシップ。

しかし歴史上で素晴らしい君主だったという人はかなり珍しいのではないでしょうか。良いとされている君主はプロパガンダの匂いを感じる。北朝鮮のようにリーダーを讃えるときは強い理想化をしています。

強さとはなんだろう?と考えてみたくなります。強さとは別に見せなくてもいいのだけど、特に人々を管理するためには「誇示」をします。

大きな建造物を建立する・・また暦という時間を管理することで強さを誇示する。(ちなみに現在日本ではサマータイム導入の議論中)

そしてリーダーはライバルがいるからこそ強くなります。鍛えられてパワーが増す。脅かされて強くなる・・・。

 

シンボルから考える

presidentを画像検索すると、トランプやオバマの写真がいっぱい出てきます。みんな旗の前で堂々と演説しているような画像ばかりですね。旗という国のシンボルがこんな方針でいくんですよと語りかけているのですね。旗の代理人でもある。

それには出で立ちの立派さもとても必要だと感じる。

 

0度から30度の流れで考える

神話などの構造にみられるヒーローズジャーニーを下敷きに考えると、

11:実際に実力を試す(実験)

10という感性を経て今度はその力を外に出してく時期となりました。あと思うのは「男らしさ」というのもまだ必要な時期ではあります。あえて軍服を着る・サーベルを持つ・勲章をつけるなど強さを誇示するということもあるでしょう。それによってもっと強いものを対峙し自分の強さを試そうともしていると感じます。

 

この度数の良い面

優れたリーダーシップ・強さの誇示・実際強い・勇敢さ・正々堂々さ

 

この度数の悪い面

独りよがりのリーダーシップ・保身に回る・大局を見れない

 

 

sabian symbols images books

サビアンシンボル
360個の消しゴム版画が、
一冊の本なりました。

サビはん絵本販売中!販売ページはこちら