サビアンシンボルの使い方

魂のメッセージ、サビアンシンボルのサビはんを使ってみよう

サビアンシンボルの絵本とカード
サビはんカードと絵本

2014年からサビアンシンボルに絵の作成を取り組みはじめ2017年にサビはん絵本とカードで完成しました。サビアンシンボルの消しゴムはんこなので「サビはん」なのです。

絵にしたサビはんは、ホロスコープをもっと深く読むツール、魂の元型の話を取り出すツールとして考えています。自分の知らない可能性を開ける扉として使ってみてください。

理論でサビアンシンボル当てはめ考えていくことも、大事なことですね。それによって共通認識として多くの人に広まっていくでしょう。

ただその理論ですべて決めつけると象徴は「死んで」しまいます。すべて360個がルールの上でがんじがらめにこぎれいに並んでいるようには私には感じられません。心の深いところとつながらないとサビアンは生きてきません。

理論と、自分の感覚、その両軸のバランスが象徴を使う人にはとても大事なことです。あなたの無意識とサビはんを繋げていけばいくほど、生き生きサビはんカードはあなたに答えを与えてくれるでしょう。

サビはんは自己探求の入り口の旗です。これを目印にあなただけの心の探求をしていく楽しさを味わってください。


1:サビアンシンボルを進化占星術で考える

サビはんで鑑定するためのヒントとしてジェフ・グリーンの進化占星術を2018年ごろ知りました。



大事にしているのは冥王星なのですよね。普通の占星術だと世代の特徴として片付けられがちなんですけど、これが過去の魂のあり方として考えるようです。グループソウルの特徴ということになるでしょう。

以前は進化占星術の読み方で実践で鑑定をしていました。色々な方のリーディングをさせていただいたのですが、サビアンシンボルがその方の人生にいろいろなレベルで作用しているのをみて驚きました。

私たちは絶妙なタイミングを持って、この地上に生を受けてきているんだなと本当に本当にその尊さを感じます。一つのサビアンシンボルには様々な階層で前世の記憶や魂の型が折りたたまれている。そんな気がしてなりません。

感想はこちらのページに

2:アカシックレコードとサビアンシンボルは関係してる?

アカシックレコードとサビアンシンボルの繋がりはとても気になるところでした。アカシックレコードとは

元ノウイングスクールのアカシックリーダー あまりんさんと知り合いになり、本格的修行をしたアカシックリーダーはサビアンシンボルをどう見てるのか?ということを聞いてみました。やはり面白いお話が聞けましたよ!2021年7月収録

1:あまりんさんの足跡 自己紹介
2:3分38秒〜 アカシックリーディングとは?
3:6分〜 あまりんさんはなぜサビアンシンボルに興味を?
4:11分30秒〜 吉田からサビアンの説明
5:16分20秒〜 あまりんさんの考えるアカシックとサビアン 『転生とホロスコープの関係性』
6:32分49秒〜アカシックってどんなものが見れるの?
7:40分〜 前世とサビアンシンボルの関連性の体験 あまりんさんの前世『覚醒にしなければならない!』 
8:47分15秒〜 前世とサビアンシンボルの関連性の体験 吉田の体験『五体投地なんて2度とするもんか!』
9:54分〜あまりんさん 簡単に前世を思い出す方法
10:1時間〜 吉田 夢分析とサビアンシンボル
11:1時間10分〜あまりんさんの夢の使い方
12:1時間11分〜サビアンシンボルで自己探求する
13:1時間14分〜カバラの冥王星の意味
14:1時間17分〜スピリチュアルの世界で大事にしていかねばならないこと
15:1時間18分〜繊細すぎる体質をどう変えたのか あまりんさん
16:1時間23分〜溢れるスピリチュアル情報の中でどうすれば良い?
17:1時間45分〜質問コーナー 素晴らしい質問をいくつかいただいております (質問の方にはご了承いただいております)

販売ページはこちらです

あまりんさんのHP

3:サビアンは魂の元型の話を引き出すツール

2021年現在ではサビアンシンボルを私が読むのではなく、そのサビアンを持っている方が自分で物語を紡ぐことをしてみたら良いのではと思っています。

なぜかというと、2020年から、チューリッヒユング研究所の分析家、夢告堂の今井晥弌先生に夢分析を受け初めて、心の中には本当に深くですばらしい「お話」が眠っていることがわかってきたからです。

また夢告堂の夢解きスクールの2021年春季学期では、今井先生の過去のクライアントさんの出生ホロスコープのサビはんで読ませていただきました。お伽話風として語ってみたのです。

ユング派ではお伽話や神話を使って夢や意識を考えていきます。サビはんでの物語も元型的な働きがありるのではないかというお話でした。御伽噺風にみなさんの前で発表するのは、とても勇気のいることだったのですが、それがその人の「元型のストーリー」が滲み出る結果になったようです。

またユング派では無意識と交渉するワークとしてアクティブイマジネーションということをしていきます。イメージの物語をつくっていくのです。実際の臨床では分析家がクライアントにとって必要そうであれば取り入れる技法だそうです。



サビはんを使って、アクティブイマジネーションして物語を作るという試みをはじめています。私も自分の出生のサビはんでお話をつくり、今井先生に分析していただきました。今井先生のユング派からみたサビはんの絵の解釈が、とても面白かったです。

自分の心に眠る魂の話をサビアンシンボルを使って、自ら語ることで、偉大な物語があることに気づけるでしょう。ホロスコープでもある程度はわかりますが、サビアンで深め、サビはんでその中に入っていって体験するというのが良いのだと思います。

それによって人はその人らしさと強く繋がり、生きる基盤がはっきりしてくることで、「この生き方でよいのだ」という安心感を得ることができます。


まつえさんのサビはん物語 

れなさんのサビはん物語


たかはしゆうこさんがサビはん使ってワークショップ開催されます サビはんで語るわたしのホロスコープ物語


夢告堂のHP


コメント

タイトルとURLをコピーしました