サビアンシンボルの使い方 魂の進化を探るために

魂のメッセージ、サビアンシンボルを使ってみよう

cocoparisienneによるPixabayからの画像

2014年からサビアンシンボルに絵の作成を取り組みはじめ2017年にサビはん絵本とカードで完成しました。

この経験から、サビアンシンボルをホロスコープをもっと深く読むツール、魂の元型の話を取り出すツールとして考えていて自分の知らない可能性を開ける扉として活用したいと思っています。

理論でサビアンシンボル当てはめ考えていくことも、大事なことですね。それによって共通認識として多くの人に広まっていくでしょう。ただその理論だけで、すべて360個がルールの上でこぎれいに並んでいるとは感じられません。理論ですべて決めつけると象徴は「死んで」しまいます。

その両軸のバランスが、象徴を使う人にはとても大事なものだと私は考えます。サビアンシンボルは自己探求の入り口の旗です。サビアンシンボルを目印にあなただけの心の探求をしていく楽しさを味わってください。


1:進化占星術で考える

ジェフ・グリーンの進化占星術を知りました。

これは大事にしているのは冥王星なのですよね。普通は世代の特徴・・・・として片付けられがちなんですけど、これが過去の魂のあり方として考えるようです。グループソウルの特徴ということになるでしょう。

以前は進化占星術の読み方で「ソウルプランアストロロジー」という鑑定をしていました。色々な方のリーディングをさせていただき、私たちは絶妙なタイミングを持って、この地上に生を受けてきているんだなと本当に本当にその尊さを感じます。一つのサビアンシンボルには様々な階層で前世の記憶や魂の型が折りたたまれている。そんな気がしてなりません。

すごいことですよ・・・・

ソウルプランアストロロジーでのシンクロニシティの数々・・・

ソウルプランアストロロジー

ご感想を色々頂いているのですが、今までなんとなく感じていた感情や考えがサビアンシンボルに現れているということを数多く頂いていて、私も本当に驚きました。

一部ご紹介しましょう。

サビアンシンボルの世界観をもっと広い視野を持って眺めると、こんな解釈ができるんだと感動しました!

とてもていねいなリーディングをありがとうございました。 今まで、サビアンシンボルにはとても興味を持って本などで学んできました。詩文から読みとり自分のサビアンシンボルを落とし込むのが難しかったのですが、今回のリーディングでものすごく腹落ちしました。 サビアンシンボルの世界観をもっと広い視野を持って眺めると、こんな解釈ができるんだと感動しました!

それが、私の人生とリンクしてきて、さらに他の天体の意味合いとのつながりを解説していただくと、「そうだったのか!」と納得することができ、魂の求めていることがスっと心に入ってきました。 以前からドラゴンヘッドの意味が自分ではよく分からなかったのですが、吉田さんのリーディングにより、やっと理解することができ、実際にそうやって行動していることにも驚きでした。 今までの自分のやり方を受け入れることも出来ました。 冥王星の反対側が今回の人生で進化させたい魂の方向という考え方も初めて知ったことで、その部分を読んだときは、なぜか涙がこぼれました。魂が何かを思い出したのかもしれませんね。

元々持っている魂の傾向が、今生の土台である月に記憶として残されているということにも、ほんとにそうだと感じ、今までの人生の中での様々なことが、腑に落ちました。 今、対抗にある「課題」や「傷」に気づかされているのは、そいうことだったのか〜と。 ホロスコープやサビアンシンボルは、ただ眺めていても、何も教えてくれることはないけれど、深く知ろうとすると、メッセージをちゃんと送ってくれる存在なのだなぁと、あらためて感じました。 これを機に、吉田さんのサビはん絵本も購入したので、サビアンシンボルの世界にもっと近づきたいなぁと思います。 (カードも全部の星座を揃えたい!笑) この度は、ほんとうにありがとうございました!

今まで個人的にもいろいろな方法で星読みを試してきましたが、今回のようにしっくりきたことはありませんでした。

初めてサビアンシンボルによるホロスコープ鑑定を受けましたが、冥王星の解釈を含め、魂の深層に迫るような深いリーディングをしていただきました。

今まで個人的にもいろいろな方法で星読みを試してきましたが、今回のようにしっくりきたことはありませんでした。自分の方向性を再認識するうえで、本当に助けになりました。

言ってもわからないだろうし、頭おかしいと言われるからから言わないけど、過去世からの魂の形なんですね。

・・・・・・という自分のブログネームが「今回の人生で進化させたい魂の方向」とリンクしているのは驚きでした。吉田先生のプリズムの絵はまさに光が美しく広がっている様子で、ブログネームのイメージと合います。 また、思い付いたアイデアを発表すると他人にパクられるからどこにも発表できずにいると言う体験は、まさに今生でも体験しております。先生の文中あるように、それは「身近な所で役立つ道具」に関するものでしたよ。火星が近くにあるのじゃ、パクられるのが許せないわけですね…笑

その他にも、いとも簡単に解決方法にたどり着き、「何で皆気づかないんだろう?」と言うのはよくあります。言ってもわからないだろうし、頭おかしいと言われるからから言わないけど、みたいな。過去世からの魂の形なんですね。 リスのようなすばしこさで、こういう情報に辿り着けるというのは嬉しかったです。ちなみに私は、リスにちなんだブログネームを使っていたこともあるんですよ〜!

占星術知らなかった頃です。 過去世も今生も隠すことの多い生き方になりそうですが、今生では潰されることなく、理解者の中で光を広げて、体験で教えていきます。 隠すというと暗い感じですが、長い歴史の中で見ればそういう役割の者も必要だと自負を持っていきす。 ありがとうございました!

ご感想ありがとうございました。私もみなさんのサビアンシンボルとお話で勉強になりました。



2:アカシックレコードとサビアンシンボルの関係

アカシックレコードとサビアンシンボルの繋がりはとても気になるところでした。アカシックレコードとは

元ノウイングスクールのアカシックリーダー あまりんさんと知り合いになり、本格的修行をしたアカシックリーダーはサビアンシンボルをどう見てるのか?ということを聞いてみました。(動画を録画販売しています。)やはり面白いお話が聞けましたよ!
あまりんさんのHP

1:あまりんさんの足跡 自己紹介
2:3分38秒〜 アカシックリーディングとは?
3:6分〜 あまりんさんはなぜサビアンシンボルに興味を?
4:11分30秒〜 吉田からサビアンの説明
5:16分20秒〜 あまりんさんの考えるアカシックとサビアン 『転生とホロスコープの関係性』
6:32分49秒〜アカシックってどんなものが見れるの?
7:40分〜 前世とサビアンシンボルの関連性の体験 あまりんさんの前世『覚醒にしなければならない!』 
8:47分15秒〜 前世とサビアンシンボルの関連性の体験 吉田の体験『五体投地なんて2度とするもんか!』
9:54分〜あまりんさん 簡単に前世を思い出す方法
10:1時間〜 吉田 夢分析とサビアンシンボル
11:1時間10分〜あまりんさんの夢の使い方
12:1時間11分〜サビアンシンボルで自己探求する
13:1時間14分〜カバラの冥王星の意味
14:1時間17分〜スピリチュアルの世界で大事にしていかねばならないこと
15:1時間18分〜繊細すぎる体質をどう変えたのか あまりんさん
16:1時間23分〜溢れるスピリチュアル情報の中でどうすれば良い?
17:1時間45分〜質問コーナー 素晴らしい質問をいくつかいただいております (質問の方にはご了承いただいております)

販売ページはこちらです

3:サビアンは魂の元型の話を引き出すツール

2021年現在ではサビアンシンボルを私が読むのではなく、そのサビアンを持っている方が自分で物語を紡ぐことをしてみたら良いのではと思っています。

なぜかというと、2020年から、ユング派の分析家、夢告堂の今井晥弌先生に夢分析を受け初めて、心の中には本当に深くですばらしい「お話」が眠っていることがわかってきたからです。

また夢告堂の夢解きスクールの2021年春季学期では、今井先生の過去のクライアントさんのサビアンシンボルで読ませていただきました。これはありがたいチャレンジでした。

それまでの分析リーディングのように話すのではなく「お話」として語ってみたのです。「昔々・・・・」からはじまるお伽話風です。ユング派ではお伽話や神話を使って夢を考えていきますので私もお伽話分析の本を読んでいたのです。お伽話の元型、神話の元型、それらとサビアンで紐解く話も関連しているのではと感じました。

おとぎな話風にみなさんの前で発表するのは、とても勇気のいることだったのですが、逆にその人の「元型のストーリー」が滲み出る結果になったようです。

自分の心に眠る魂の話をサビアンシンボルを使って自ら「語る」ことで、偉大な「物語」があることに気づけるでしょう。それによって人はその人らしさと強く繋がり、生きる基盤がはっきりしてくることで、「この生き方でよいのだ」という安心感を得ることができます。

夢告堂のHP


サビはんでお話をつくっていただいた まつえさんのnote


たかはしゆうこさんがサビはん使ってワークショップ開催されます サビはんで語るわたしのホロスコープ物語



コメント

タイトルとURLをコピーしました